2015年11月28日土曜日

”Rediscovery” 2007 ”フレデリシアの花の樹”


”フレデリシアの花の樹”
(2007)
よりトリミング
この街で聞いたエストニアと
言う国のこと。国の名前だけでも
物語が浮かんできそうです。
その国のこと、両親を愛している
青年はどこか中世の王子のようでした。

ドイツからデンマークに列車で移動すると

フレデリシアという街に着きます。

スケッチの旅はどこを描くとは決めずに

方向だけは決まった列車に飛び乗り

なんとなくおりたくなった街でおります。

そこにホテルがあれば一番ラッキーって

ことになります。

ここ、フレデリシアにはユースホステルがありました。

ここでスケッチした場所は港・・・大きなタンカー船でした。

でも、展覧会用に仕上がった絵は・・・。

そこのユースで出会ったエストニアから来た青年との

会話の中から出てきたイメージです。

エストニアと言う国の話、両親の話、仕事の話

とりとめのない話ですが、時間とともに大切なものだけが

残ってイメージが膨らんでゆきます。



★”Rediscovery”★と題して
新しいブログのラベルを作りました。
過去の作品に関連したブログを紹介をして行こうと思います。
どんな作品が出てくるか楽しみにしていてください。